ユーザ用ツール

サイト用ツール


Index

This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.
Translations of this page:


Appendices:

Download PDF

Resolume用にシステムを最適化する

Resolumeは、すぐに起動し、動くようデザインされていますが、もしも、オーディオビジュアルのライブパフォーマンスにとてもこだわりがあるならば、コンテンツとコンピューターの良さが最大限活かせるよういくつかのステップを踏んでみましょう。

インスタレーション

オーディオ−ビジュアルパフォーマンスの性質として、可能な限りの処理能力が必要です。それは特に、たくさんのレイヤーをミックスするとき、たくさんのオーディオとビデオエフェクトを適用するときや高解像度で作業をするときに必要になります。

インターネットのファイヤーウォール、ウイルスチュック、デスクトップユーティリティなどのようなソフトウェアは日頃使うにはとても便利ですが、コンピューターのリソースを占めるので、パフォーマンス中には起動している必要がありません。

安定性とパフォーマンスを最大限発揮するには、最善の方法として、最低限のソフトウェアが起動している設定の状態でWindowsまたはOSXのインスタレーションを複数持っていることです。そうすれば、Resolumeでパフォーマンスをするときに高度なパフォーマンスが出来るOSになります。

もし、パフォーマンスのために別々のインスタレーションを作成したくない場合は、最善の方法として、スタートアップの際に数少ないソフトウェアのみ起動するよう設定したユーザーアカウントを作成することです。これは、全く別のインスタレーションの状態と比べると劣りますが、助けにはなります。

Windowsでユーザーを管理するには、スタートメニューからコントロールパネルを開き、ユーザーアカウントをダブルクリックします。あなたの作成したユーザーアカウントに管理者の権利があることをご確認ください!

Mac OSXでユーザーを管理するには、システム設定からアカウント設定を開きます。

コーデック(圧縮/解凍)

コーデックパックを、K-Liteコーデックパックのようにインストールしないでください。それは、良い作用よりも悪い作用を多くもたらすコーデックとユーティリティを、たくさんインストールしてしまうからです。実際に使うコーデックしかインストールしないようにしてください。次の項目では、どのコーデックを使用すれば良いかアドバイスが載っています。

メディアを準備する

オーディオ−ビジュアルパフォーマンスにおいて、コンテンツをどのようにエンコードするかを選択することはとても重要です。選択したコーデック(圧縮/解凍)は、各ビデオフレームを解凍するのに要する処理時間に影響を与えます。これは、スムーズに再生可能なビデオのレイヤーをいくつ使えるか、オーディオエフェクトをいくつ適用できるのか、決定します。

Resolumeで最高なパフォーマンスを行うためには、Resolume DXVコーデックを使用します。こちらは、ResolumeでビデオフレームをCPUではなくGPUで解凍出来るので、知り得る限り最も早いコーデックです。

Indeo 5.11とPICvideo M-JPEGコーデックは、CPUパワーをそこまで使わずに良い画質クオリティを保てるので(正しく使われた場合)、Avenueでの使用にも適しています。

オーディオとビデオは、別ファイルとしてレンダーすることを強くおすすめします。そして、オーディオを含むビデオファイルとしてレンダーするのではなく、Avenueにてそれらを一緒のクリップとして結合してください。

オーディオとビデオを別ファイルのままにしておいた方が、作業の流れに適しています。もしも、ビデオではなくオーディオクリップを変更したい際、オーディオ付きビデオを全てレンダーし直す必要がなく、ただオーディオファイルのみ保存し直せば良いということになるからです。

オーディオとビデオは、違うソフトウェアを使って作成されていることが多いです。ときには、違う人によって作られています。Avenueでオーディオとビデオファイルを結合することによって、お気に入りのオーディオソフトウェアで音楽制作ができるようになり、選択したビデオアプリケーションでビデオ制作ができるようになります。

ビデオファイル内にオーディオが含まれている際、もう一つ問題があります。それは、使用可能なBPMを制限してしまうことです。オーディオ付きのビデオファイルをレンダーしているとき、ファイルの長さはビデオのフレーム数に量子化されています。それは、特定のテンポでオーディオを連続ループさせることを不可能にしてしまいます。

例えば、1秒間に25フレームのPALビデオフォーマットを使用しているとき、完璧にループするような1つのバーを90BPMのAVループを作成することは不可能です。最も近い形は、66フレームのロングクリップですが、それも実際は約90.8BPMになってしまいます。

Avenueは、完璧にループするオーディオビジュアルクリップを作成するために、クリップのオーディオの長さにビデオの長さを置き換えます。

ビデオ

MacとWindowsの両方で、QuicktimeファイルにはDXV Codecを使用することをおすすめします。最もメジャーなビデオアプリケーションで出力する際の詳細なガイドはこちらをチェックしてください。

解像度

上記のコーデックを使用する際のビデオファイルは、最低 640×480 ピクセルのサイズであれば使用可能です。 320×240 を使うのは、2000年頃の古い話です。スクエアピクセルを使って下さい。また、キーフレームとして全てのフレームを組み合わせたり、レンダーしないようにしてください。

スクエアピクセルのPAL解像度は 768×576 です。スクエアピクセルのNTSC解像度は720×540です。

オーディオ

オーディオは絶対に!圧縮しないでください。圧縮されていない.wavファイル(リニアPCM)に保存してください。Avenueは、オーディオデータに瞬時にアクセスする必要があるため、オーディオが圧縮されていないことで、それを可能にするのです。

また、圧縮されていないオーディオファイルは、圧縮されていないビデオファイルに比べると割合小さいファイルサイズなので、圧縮する必要はありません。

サンプルレートとbitのdepth

ほとんどの場合、サンプルレートを44,100kHz、depthを16bitにしていれば問題ありません。

DXVコーデック

ResolumeのDXVビデオコーデックはハードウェア(GPU)でアクセサレートされたコーデックです。ビデオフレームの解凍は、ビデオカード上で直接行えます。今日のビデオカードは莫大な処理能力を持つため、より高い高解像度かつより低いCPUとRAM使用率のDXVコーデック付きフレームレートを同時に作業可能です。

DXVコーデックは、クロスープラットフォームのQuicktimeコーデックなので、MacとPCにてQuicktime(.mov)ファイルフォーマットへのレンダーに対応しているあらゆるビデオアプリケーションを使うことが可能です。対応しているアプリケーション:Quicktime Player Pro, iMovie, Final Cut Pro, Motion, Adobe プレミア, After Effects, Sony Vegas, Maya, など。

DXVコーデックでムービーをレンダーすることは、非常に簡単です。なぜなら、何も設定する必要がないからです。クオリティー、データレート、キーフレームなど、全ての設定です。可能な限り早く作業できるよう、予め設定されています。あなたは、ただ、DXVコーデックを選択してレンダーを始めれば良いのです。Photo JPEG Codecでレンダーするよりもレンダリングの時間はかかりますが、再生はとても早いです。

最もメジャーなビデオアプリケーションで出力する際の詳細なガイドは こちらをチェックしてください。

AvenueでDXVコーデックのビデオファイルを再生するときは、ハードウェアがアクセサレートされているときのみです。DXVビデオがその他の(Quicktime playerのような)ソフトウェアで再生されるときは、ビデオカードからレンダーするわけではないので、Avenue以外、他のソフトウェアではパフォーマンスの向上をすることはあり得ません。

アルファチャンネル

バージョン2.0では、DXVコーデックはアルファチャンネルも保有できます。コーデック圧縮設定ウィンドウでアルファチャンネルを「領域」に設定すると、レンダリング開始の準備が整います。DXVバージョン2.0は、Resolumeのバージョン3.2以上でしか作業できません。



ページ用ツール