ユーザ用ツール

サイト用ツール


Index

This translation is older than the original page and might be outdated. See what has changed.
Translations of this page:


Appendices:

Download PDF

出力設定

ビデオクリップを作成するのに、Resolumeのレコーディング機能のみを使用している場合じゃない限り、Resolumeで創ったビデオをコンピューターからとても大きなスクリーンなどに映してみたくなることでしょう。

Resolumeの出力に関して設定する前に、出力メニューでディスプレイが使用出来るよう、まずはコンピューターオペレーティングシステムのディスプレイを設定しなくてはなりません。

Windows - Windowsでディスプレイの設定をするには、コントロールパネル内のディスプレイパネルを開きます。設定タブ上に最低二つのディスプレイが見えていて、それらがアクティブな状態であることを確認します。

Mac OS X - Appleメニュー経由でシステム設定からディスプレイ設定を開きます。アレンジメントタブ上の「ミラーディスプレイ」がオフになっていることを確認します。すると、二つの別々のディスプレイが利用可能になります。

さて、Resolumeを起動させ、出力メニューを見てみましょう。フルスクリーンとウィンドウ化オプションは、どのコンピューターがResolumeのマスター出力をディスプレイし、それをフルスクリーンにフィットさせるのか(コンピューターからビデオを使うならこのオプションがベスト)またはウィンドウ化させるのか(外部のスキャンコンバーターを使用する際に便利)選択させてくれます。

また、無効オプションを選択し、出力を削除することができます。


アドバンス出力設定(Avenue)

複数のプロジェクターまたはスクリーンに出力する際、コンポジションのどのパーツをどの出力に送信するか、Resolumeは柔軟性の高いコントロールが可能です。

これらの設定は、出力>アドバンスメニューオプション を選択してアクセスします。

画面の左側にアクティブなスクリーンのリストのウィンドウと、右側にコンポジションを表示した長方形のウィンドウを表示します。

スクリーンを設定するには、左側のウィンドウを選択し、右側のウィンドウでどのコンピューターの出力を使用するか選択します。このやり方ですと、複数の出力を扱っていても正しいスクリーンと正しい出力を、素早く指定することができるのです。

出力を正しく設定した後、スライスを使用してさらに出力を微調整することができます。

各スクリーンは、一つまたは複数のスライスを保有できます。スライスを設定することによって、コンポジションのどのパーツがスライスを含むのか、コントロールできます。つまり、常にスクリーンの左側は出力1からプロジェクターに投影し、右側は出力2からプロジェクターに投影すると設定できます。また、垂直もしくは半分に分けるということだけに限定されてはいません。コンポジションのどのパーツでも異なる出力画質やアスペクト比率を選択できます。

左側のスライスをクリックし、スライスを選択します。すると、入力セレクションパネルを使えるようになるので、サイズ変更をしたり、右側のパネル内でドラッグできます。

ポイント! Ctrlボタン(Macの場合はCmd)を押し、入力セレクションエリア内にドラッグさせると、素早くドラッグさせたところにスライスを作成できます。

また、もし出力でコンポジションの特定のパーツを正確に見せる必要がある場合は、右側の枠内に正確な数字を打ち込むこともできます。

さらに、Resolumeが計算をしてくれます。とっても便利ですね!例えば、正確に幅の1/3のところをスライスしたい場合は、幅の設定をしてから”/3”と打ち込み、enterキーを押せば良いのです。

スライスを右クリックするといくつかの便利なスライス設定プリセットがドロップダウン表示されます。

ポイント! ポイント!コンポジションの各レイヤーを選択し、直接スライスにアクセスできます。つまり、レイヤーを再配置しなくても異なるコンテンツを各ディスプレイに送信できます。この機能はプロジェクションマッピングを多様するユーザーにはとても便利です。


スクリーンを湾曲させる(Arenaのみ!)

Resolume Arenaのアドバンス出力設定はたくさんのパワフルな追加機能があります。

各ディスプレイは二つのモードに設定できます: 入力セレクションモードトランスフォメーションモードです。

入力セレクションモード は、Resolume Avenueと同様の動きをします。.

前述参照)さらに、360度のパノラマプロジェクションのコンポジションをすべて覆うようにスライスを設定することもできます。

トランスフォメーションモードは、スクリーンを湾曲させることができます。つまり、最終出力時にそのポジションや幾何学を調整することができるのです。この機能は、プロジェクションマッピングで不規則な形の面へ出力する際、または複数のプロジェクターを使った出力を整える際に便利です。

このモードはさらに二つのサブモードに分かれています:点を編集モード変形モードです。

点を編集モードでは、左側にあるスライスを選択し、角の点をつかんで望む場所までドラッグさせることができます。右側で点を追加または、削除することもできます。また、線かベジェのインターポレーション(補間法)を選べます。ベジェのインターポレーション(補間法)はエッジをカーブできるベジェハンドルを追加します。そして、整える際にガイドとなるグリッドを表示することも可能です。

一つの点を選択したときは、正確な値を入力するか、矢印キーで点を微調整するか、右側でコントロールすることができます。

変形モードでは、出力内すべてのスライスの位置やスケールを変更、回転させることができます。これは、コンポジションの同じパーツを二つの異なるサイズのディスプレイで繰り返し使いたいときに便利です。

Ctrlキーを押すか、MacならPC/CMDを押して、点を編集と変形モードを素早く切り替えられます。右クリックを押し、さらに便利なプリセット設定が可能です。

もしも、出力のどのパーツがどのモニターに送信されるのか、途中で混乱してしまった場合は、インターフェイスと出力の両方に表記されているディスプレイの数字を入力するとトラブルシュートできます。または、テストカードを表示させて調整し、プロジェクターを整えることも可能です。

ポイント! たくさんのスライスを使用している場合、投影するマスクとクロップは、スライススタック内で上や下にドラッグすると素早く順序変更できます。さらに別のディスプレイまでドラッグすることもできます。


マスクとクロップ(Arenaのみ!)

アドバンス出力設定にて、ディスプレイとスライスを追加する以外に直接、マスクとクロップを追加することができます。マスクとクロップは、出力を変形することなく部分的に切り取ることです。

クロップは、その外側の全ピクセルを切り取ります。マスクは、効果的な穴を作るようイメージを切り抜きます。必要な数だけマスクとクロップを作れます。

マスクとクロップは、任意のポイントを設定できます。デフォルトでは、それは四角形に設定されていますが、三角形、円形、星型、多角形または天井にある不思議なシミの形にも設定できます。

アウトラインをダブルクリックしてその位置にポイントを追加します、また再度ダブルクリックするとそのポイントは消去されます。

クロップはマスクにもなります、その逆の効果に設定するには右側のドロップダウンを使用します。


ソフトエッジ (Arenaのみ!)

どのスライスにもエッジブレンドを適用することができます。この機能は、重なる部分を徐々にフェードアウトしながら二つのプロジェクターが重なる出力をうまくブレンドさせます。

エッジブレンド効果を発揮するためには、あなたの作品の中で二つのスライスが同じコンポジションをカバーしていなければなりません。また、ベストな結果のためには、最低15%は重なっていることをおすすめします。それから順番に各スライスのエッジブレンドを起動します。

Resolumeは自動的にエッジを真ん中からブレンドしますが、このとき下記の三つのパラメータを整えることでエッジをコントロールすること

ができます:パワー:エッジブレンドカーブの傾斜をコントロールします。この数値が高いほどフェードするエリアの中央が急なカーブを描きます。

輝度:フェードする中心点の明るさをコントロールします。これはさらに、カーブの傾斜を調整することも可能です。

ガンマ:フェードするエリアの全体的明るさです。

エッジブレンドのプロセスについて詳しく知りたい方は、ポール・バークさんの論文をご参照下さい:http://paulbourke.net/texture_colour/edgeblend/


ブラックレベルと明るさ補償 (Arena のみ!)

両方のモード内には、スライスのブラックレベルを補償するオプションがあります。プロジェクターは、光を投影するため、本当の黒を映すことはできません。(黒とは、光のない状態です。)とても濃いグレーを映すことしかできないのです。ということは、二つのプロジェクターが重なるとき、「真っ黒」になるべきエリアをソフトエッジすることで、濃いグレーの上に濃いグレーを投影することになります。また、プロジェクターが付加色の中で機能するため、蓄積する問題が起こり、結果として重なり合ったエリアはより明るいグレーになってしまいます。ブラックレベル補償は、重なっていないエリアを少し明るくすることでその差を補うものです。

プロジェクターまたはスクリーンを調整するだけでは解決出来ない光度に関しては、各出力ごとに明るさとコントラストを調整することも可能です。

ポイント! もしも、LEDスクリーンとプロジェクターを両方使用する際にLEDスクリーンが会場の他の明かりを全てなくしてしまう場合、プロジェクターをフルパワーにしたままLEDスクリーンの明るさを減らすことができます。もしくは、全て最高値にしたままあなたの作品で観客を魅了しましょう。



ページ用ツール