ユーザ用ツール

サイト用ツール


Index

Translations of this page:


Appendices:

Download PDF

クイックスタートチュートリアル

Resolumeをインストールしましたら、早速操作してみましょう。

Resolumeのアプリケーションを起動すると、Resolumeのインターフェイスが表示されます。最初は複雑に見えるかもしれませんが、すぐに慣れますのでご安心ください。

新しいResolumeにはデモコンポジションが搭載されています。コンポジションとは、カスタマイズしたResolumeの設定を指しています。(各コンポジションは、パフォーマンスに必要なクリップや既存のエフェクトなど、全ての設定を含みます。)


クリップを再生

メニューバーの下には、左側にコントローラーがある横に並んだ列のセットとサムネイルのセットが表示されています。サムネイルはそれぞれ異なるクリップです。

サムネイルの1つをクリックしてみてください。クリップが再生されます。これらのクリップはすぐに再生しないようBPM(ビート/分)に同期される設定がされています。(次のBPMラインで再生するのを待っているためです。)クリップを直ちに再生したい場合は、そのように設定することも可能です。

さて、左側の出力モニターウィンドウにてクリップが再生していることを確認出来ると同時に、クリップのオーディオも聞き取れることと思います。(もし、音が聞こえない場合は、ボリュームをご確認ください。)

「クリップ」タブをクリックすることで再生中のクリップをコントロールすることが出来ます。このタブのトランスポートセクションが、これから説明する箇所です。


クリップを再生または停止する際、前方、後方、または一時停止のアイコンを使用します。もしくは、動いている青い再生タブを持ってクリップをスクラッチすることもできます ー キュ キュ キュっと!

このようにクリップをいじるとBPMとは同期しなくなります。(テンポは合っていますがフェーズリズムから外れるようになります。)クリップのサムネイルを再びクリックすると再同期することができます。(次のバーの頭から再スタートします。)


ミキシング

一つのクリップを再生するだけでも楽しめますが、複数のクリップをミックスして合わせることでさらに楽しめます。横に並んだクリップの列が、それぞれ別のレイヤーです。各レイヤーは一つのクリップだけ再生できます。

既に再生しているクリップと同じレイヤー上にある別のサムネイルをクリックすると、BPMラインの次のバーの頭に新しいクリップが再生されるよう出力が変わることが確認できると思います。

それでは、違うレイヤー上のクリップをクリックしてみてください。すると、前のクリップは再生されたまま新しいクリップとミックスされます。

サムネイルの左側を見てみてください。そこには”A”と”V”と記された二つの縦スライダーがあります。再生中のレイヤー上で、それらのスライダーを上下に動かしてみてください。

”A”スライダーはレイヤーのオーディオをフェードイン、フェードアウトさせます。”V”スライダーはビデオを同様にフェードさせます。もしくは、”AV”スライダーを使い、同時に”A”と”V”両方をコントロールすることもできます。


エフェクト

さて、クリップを再生してみました。いよいよエフェクト効果を使ってみましょう。

画面の右下に複数のタブがあり、それぞれ「ファイル」「コンポジション」「エフェクト」「ソース」と表記されています。こちらのエフェクトタブを選択します。

タブの下にはエフェクトのリストが表示されるようになります。これらはResolumeに含まれるビデオエフェクトです。(オーディオVSTボタンをクリックするとオーディオエフェクトを見れます。)

エフェクトを選択し(初めての方はBendoscopeから始めることをおすすめします)、それをコンポジション/レイヤーウィンドウのコンポジションタブまでドラッグオーバーしてドロップしてください。

すぐに出力モニターウィンドウでエフェクトによる変化を確認できるはずです。

そして、エフェクトをドロップした場所を見てください。Bendoscopeの下に二つのスライダーが表示されています。また、全てのビデオエフェクトには不透明度スライダーがあります。(これはオリジナルとエフェクトが適用されたビデオをミックスするときに使います。)

ほとんどのエフェクトにはコントロール可能な追加パラメータがあります。Bendoscopeの場合は、変形エフェクトで使用する分割数です。このスライダーを左右にスライドし、出力モニターウィンドウでどのような変化が起きるのか見てみましょう。

エフェクトタブからさらにエフェクトをドラッグし、エフェクトを追加していくことも可能です。各エフェクトはその一つ前の出力の上にエフェクトを加えるので、たくさんのエフェクトを重ね合わせた美しい作品を創ることができます。(逆に、とてもめちゃくちゃな作品になってしまうこともあります!)

エフェクトを消したい場合は、エフェクト名の右側にあるxをクリックしてください。また、B(バイパス)トグルをクリックすると、一時的にエフェクトを無効にさせることができます。


遊んでみましょう!

それでは、そろそろResolumeで楽しく遊んでみましょう!どれかお好きなクリップを再生し、エフェクトを加え、どうなるか遊んでみてください!

インターフェイスの右下にあるヘルプウィンドウはとても便利な機能です。こちらでは、そのときマウスカーソルが触れているところの使い方についてのヒントを表示します。

さて、次の項目では、Resolumeの全機能について詳しく見ていきます。ですから、あなたのやりたい表現はどのように実現すれば良いのか、使い方も分かるはずです。



ページ用ツール