ユーザ用ツール

サイト用ツール


Index

Translations of this page:


Avenue 4.5 and Arena 5

Appendices:

Download PDF

環境設定

Resolumeの動作全体に関する設定ができます。


一般設定

ここでは、Resolumeに作ったものを記録して貯めるためのディレクトリ(フォルダー)や、ビデオやオーディオもしくはその両方を記録するかどうか設定できます。

さらに、クリップがトリガーされた時にクリップパネルを更新するかどうかを選べます。例えばクリップの順番をトリガーするために外部機器(MIDI,OSC,DMXなど)を使っていれば、同時に他のクリップにエフェクトをかけているとResolumeを終了したくなるでしょう。

MIDIでトリガーしたり長いケーブルを使ったり、またはその両方の条件の時の遅延を補正するために、クリップのタイムラインにミリ秒単位で再生開始位置を進めることができます。

このチェックボックスでResolumeのフォントを変えれます。ラテン文字を使わないなら、正しく表示するために有効にしてください。

これを有効にすると、Resolumeを終了しようとすると本当に終了するか確認してくれます。無効だと、CTRL/CMD+Qかメニューから終了するとすぐにシャットダウンします。

ヒント!!Resolumeでコンピュータが自動的に起動したりシャットダウンするするようにさせるには、’終了確認’を無効にし、レイヤーメニューでコンポジションが読み込まれたら最初のクリップをトリガーする’機能を使います。


オーディオ設定

TオーディオをどのようにResolumeから出力するか設定します。

オーディオ出力デバイスでは、Resolumeがオーディオ出力に使うデバイスを選びます。ASIO デバイスを選ぶと追加ボタンが表示され、ASIO設定ができるようになります。

マスター出力チャンネルでメイン出力として使うチャンネルを選びます。2つ以上のチャンネルを持つオーディオでバイスを使う場合、プレビュー出力チャンネルでモニターとして使うチャンネルを選べます。

サンプルレートでオーディオを高品質にできますが、よりプロセスが必要になります。オーディオエフェクトを使うなら特に。デフォルトが無難です。

バッファーサイズがシステムのレイテンシーを左右しますが、バッファーサイズが低いとオーディオの故障の原因になります。512か1024が安全です。

外部のオーディオFFT入力では、外部オーディオ分解に使うオーディオデバイスとチャンネルを選びます。

VSTプラグインディレクトリは、VSTオーディオのエフェクトとソースを探すディレクトリです。


ビデオ設定

ビデオエフェクトやソースと互換性のあるFreeframe 1.5/FFGLプラグインを探すディレクトリ(フォルダ)を選べます。

グローバルエフェクトとブレンドモードを無効化できます。無効にすると適応力がかなり下がります。つまりこのオプションを使うと、基礎アルファブレンドでしかレイヤーの構成ができなくなります。しかし、高解像度のビデオを扱う時Resolumeを高速化でき、特別なパフォーマンスに便利になります。

スケーリングクオリティーでは、クリップのリサイズ時の2つの違ったアルゴリズムを選べます。三次元で最良の結果が得られますが、8ビットグリッチが欲しいなら近似値にするといいです。

暗いグリッド・明るいグリッド・黒のいずれかで透過ピクセルを表示するために、プレビュー画面の背景を選べます。


MIDI設定

デバイスのMIDI入力および出力を有効・無効にできます。ResolumeでのMIDIクロックメッセージの扱い方や、MIDIマップの読み込み・保存を選びます。詳しくはこちらをご覧ください。

MIDIノートの値を解釈する3つのオプションがあり、LiveやTraktorで使われる表記と同じものを使えます。


OSC設定

OSCで使われる関連ポートとIPアドレスを設定するのと同じように、OSC入力および出力を有効・無効にできます。詳しくはこちらをご覧ください。


デフォルト

ビデオファイルやオーディオファイルのインポートのデフォルト設定を変更できます。ここでの変更は、変更以降にインポートしたファイルに適用されます。例えば、ビデオクリップを常にBPM同期させて一度再生すると取り出すならば、これらをデフォルトとして設定できます。

すでにインポートされたクリップには適応されないことを覚えておいてください。また、インポート後でも各クリップの設定は変更できます。


更新

このタブは最新の状態に更新するためのResolumeのウェブサイトへの簡易リンクです。


登録申請

このタブの使い方いついては、前にある登録申請の章をご覧ください。


ページ用ツール