基本用語

では、とにかくResolumeの基本用語について解説してしまいましょう。Resolumeの要点をつかむため、まず用語を知ることでより深くご理解いただけるでしょう。心配しないでください。シンプルに解説すると約束します。

Clip(クリップ)

クリップは、ビデオファイルまたは静止画、オーディオファイル、もしくはその組み合わせで構成されます。そして、カメラ入力のような「ソース」を含めることもできます。クリップにはプレイ方法や外観、サウンドを変化させるための設定が多数あります。

Layer(レイヤー)

各クリップは個別のレイヤーに配置されています。1つのレイヤーで同時にプレイできるのは1つのクリップだけです。レイヤーをブレンドして、最終的なアウトプットが作成されます。

Group(グループ)

レイヤーを組み合わせてグループを作成します。グループは、複数のレイヤーで構成され、フェーダー1本でコントロールできる小さなサブコンポジションです。

グループ機能はArenaのみで使用できます。

Composition(コンポジション)

コンポジションとは、クリップ、割り当てエフェクト、パラメータ設定、コントロールショートカットがセットになった、Resolumeのセットアップ全体です。コンポジションの切り替えには多少時間がかかるため、全体のパフォーマンスを1つのコンポジションにして準備するのが良いでしょう。

Deck(デッキ)

コンポジション内のクリップは、必要に応じて任意のクリップに容易にアクセスできるよう、デッキに分割されます。デッキは素早く切り替えられ、プレイバックを邪魔しないので、パフォーマンス中でもデッキの切り替えができます。

Effect(エフェクト)

エフェクトは、コンポジション全体、特定のレイヤー、特定のグループ、または1つのクリップに付加できます。エフェクトはルックスやサウンドを変化させます。賢く使えば大きな愉しみにも、貴重な財産にもなります。

Parameter(パラメーター)

パラメーター は、Resolumeのすべての要素をコントロールするのに使用されます。すべては調節が可能で、そしてパラメーターで調節します。

クリップには、プレイバックスピードやプレイバック方向など、いくつかのパラメーターがあり、レイヤーにはスケーリングやブレンドモード、エフェクトにはさまざまに異なるパラメーターがあります。

コンポジションの微調整にもパラメーターを使用します。

Shortcut(ショートカット)

インターフェイスの全パラメーターにはMIDI、OSC およびキーボード ショートカットを割り当てることができるので、マウスですべてをコントロールする必要はありません。

ほら、怖がる必要なかったでしょう。

関連記事